天開司がつかサムネで炎上した理由とは?特定の人物に贔屓している?

天開司 YouTube

 

人気Vtuberの天開司が動画のサムネをめぐって炎上しています。

 

天開司といえば「#つかサムネ」というハッシュタグが付けられた投稿の中からサムネを採用するスタイルをとっていることで有名ですよね。

 

今回はその採用スタイルに問題が発覚し炎上しているようです。

 

それでは何があったのか詳しく見ていきましょう。

 

天開司がつかサムネで炎上した理由とは?特定の人物に贔屓している?

炎上

 

冒頭でもお伝えしたとおり、天開司は「#つかサムネ」のハッシュタグがある投稿の中からサムネを採用しています。

 

しかし「タグでツイートされていないサムネが使われている」という声があがり、瞬く間にその情報が拡散し批判を浴びることになりました。

 

サムネ採用に別ルートがあった?

今回話題となったサムネがこちら。

天開司

 

真ん中の「ポーカーチェイス」の動画に使用されているサムネが「#つかサムネ」から採用されているのではなく、直接天開司とDMのやり取りで決定されているものということが判明しました。

 

このことに天開司は「協議の上で」やり取りしていることを説明します。

”協議”とは、「#つかサムネ」に投稿された作品の許可を取るために製作者にDMを送っていた頃に、その製作者から「毎回の許可取りが煩雑だと思うので、完成したらDMに送るようにします。もちろん使う使わないは天開さんが判断してください。」という申し出があり、それに了承したことを指す。

引用:天開司公式Twitter

 

この事実を知った第三者が、「#つかサムネ」に投稿されているサムネを蔑ろにしているという誤解を生む結果に。

 

タグ以外にも採用ルートがあることを知っていたかったという声が少なからずあったようですね。

 

つかサムネはご都合主義ハッシュタグ

今回の炎上に関しては天開司は少し可哀想だなと思う部分はあります。

 

というのも、もともと「#つかサムネ」というタグは”ご都合主義ハッシュタグ”だからです。

 

これは2021年8月に投稿されているツイートです。

天開司は最初から「配信に使われない場合がある」と説明しています。

 

しかし、それを知らない第三者が「おすすめしているサムネを使ってくれない」と騒いでいるようです。

 

その状況下で天開司が以下のツイートを発信してしまったことで、「都合が良すぎる」という批判が集まる結果になってしまいました。

 

今回は製作者でもない第三者が大きく騒いでいる様子が見受けられるため、たちの悪い炎上だなという印象です。

 

特定の人物を贔屓している?

結論、「贔屓していない」と本人が否定しています

サムネが複数投稿されている場合には毎回必ず確認し、精査しているとのこと。

 

また今回問題となったポカチェのサムネも同様、しっかりと精査した上で決定しているものと説明しています。

 

そもそもこの「ポカチェ」の配信サムネに限っては「#つかサムネ」ができてからは3人ほどしか製作しておらず、毎回同じ人のサムネが採用されてもおかしくない状況です。

 

それなのに「贔屓している」と言うのは少し間違っているように思いますね。

 

【まとめ】天開司がサムネの採用ルートで炎上!贔屓はしていない!

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回はVtuberの天開司が「#つかサムネ」をめぐって炎上している件についてご紹介させていただきました。

 

事の発端は「#つかサムネ」のタグでツイートされていないサムネが使われているということが発覚し炎上しました。

 

いろいろ問題点があるように見えますが、結果的に「#つかサムネ」について詳しくわかっていない第三者が騒ぎ立ててしまった、という感じでしょうか。

 

しかし一部ではその第三者に対する対応の仕方が悪いと批判するリスナーもいました。

 

結論、「#つかサムネ」は楽しく使用してほしいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

▼あわせて読みたい