進撃の巨人が好きな人におすすめのアニメ!甲鉄城のカバネリを紹介!

進撃の巨人好きにおすすめ アニメ

アニメ「進撃の巨人 The Final Season」の第76話「断罪」が2022年1月に放送することが決定しています。

 

原作漫画は最終巻を迎え、本当の完結へと近づく進撃の巨人…。

間違いなく進撃ロスになりますね。

 

でもそんなあなたにおすすめしたいアニメがあります!

そのアニメは「甲鉄城のカバネリ」です。

 

この記事では「甲鉄城のカバネリ」がなぜ進撃の巨人好きにおすすめのアニメなのか紹介していきます。

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#F48FB1″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]この記事を読んでわかること[/st-minihukidashi] [st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 甲鉄城のカバネリの作品概要とあらすじ
  • 進撃の巨人と甲鉄城のカバネリの共通点
  • 甲鉄城のカバネリの見どころ
[/st-mybox]

 

それではゆっくりご覧になってください。

 

▼甲鉄城のカバネリを見る▼

進撃の巨人が好きな人におすすめのアニメ!甲鉄城のカバネリを紹介!

 

甲鉄城のカバネリ」がおすすめの理由は、2つの作品は”似ている”からです。

 

「進撃の巨人」と「甲鉄城のカバネリ」には共通点が4つあります。

 

[st-midasibox title=”4つの共通点” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

①制作スタッフ

②ストーリーの世界観

③主人公の能力

④ヒロインの能力

[/st-midasibox]

 

共通点をご紹介する前に、まずは「甲鉄城のカバネリ」がどんなアニメなのか紹介していきます。

 

「甲鉄城のカバネリ」の作品概要

甲鉄城のカバネリは2016年4月に放送されました。

アニメーション制作会社は「WIT STUDIO(ウィットスタジオ)」です。

ウィットスタジオは進撃の巨人の第1期~3期も制作しています。

 

  • 監督| 荒木哲郎
  • アニメーション制作|WIT STUDIO
  • シリーズ構成・脚本|大河内一楼
  • 音楽|澤野弘之
  • キャラクターデザイン|美樹本晴彦

 

【放送期間】2016年4月7日~6月30日

【話数】全12話

 

「甲鉄城のカバネリ」のあらすじ

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとしたころ、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膚で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びない。のちにカバネと呼ばれることになるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆いつくしていった。

極東の島国である日ノ本の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じこもることでなんとか生き延びていた。駅を行き来できるのは装甲蒸気機関車(通称 駿城-はやじろー)のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。

製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。

そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城の一つ甲鉄城が顕金駅(あらがねえき)にやってくる。車両の掃除整備に駆り出された生駒(主人公)は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。

その夜、生駒が無名(むめい)と名乗る昼間の少女と再会するなか、顕金駅に駿城が暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ。

顕金駅に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして生駒は走る。今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒でカバネを倒す!

こうして本当に輝く男になるための生駒の戦いが始まるのだった。

引用文:公式サイト https://kabaneri.com/tv/

 

「進撃の巨人」と「甲鉄城のカバネリ」の共通点

 

SNSでも「進撃の巨人」と「甲鉄城のカバネリ」が似ていると話題になっていました。

では、具体的にどういったところが似ているのか詳しく見ていきましょう。

 

共通点その1【制作スタッフ】

甲鉄城のカバネリ 進撃の巨人
監督 荒木哲郎 荒木哲郎
制作会社 WIT STUDIO WIT STUDIO
シリーズ構成・脚本 大河内一楼 小林靖子
音楽 澤野弘之 澤野弘之
キャラクターデザイン 美樹本晴彦 浅野恭司

監督の荒木哲郎さんをはじめ、制作会社のWIT STUDIO、音楽の澤野弘之さんらが共通していることが分かりました。

 

共通点その2【ストーリーの世界観】

2つのアニメに共通しているのは”人類の絶望感”です。

「カバネ」と「巨人」という得体の知れない敵から逃げ惑う人類が描かれています。

また、その敵から「駅」と「壁」という砦の中で身を隠しています。

さらに、その敵に対抗する効果的な術がないという点も同じですね。

 

これらの共通点が全体を似通わせている要素になっていると考えられます。

 

共通点その3【主人公の能力】

「甲鉄城のカバネリ」主人公、生駒(いこま)と、「進撃の巨人」主人公、エレンの2人には”特別な能力”を持っているという点で共通しています。

その特別な能力というのは、敵から得た力です。

 

生駒はカバネから得た力で「カバネリ」になります。

エレンは巨人から得た力で「進撃の巨人」になります。

 

共通点その4【ヒロインの能力】

主人公同様、ヒロインも”特別な能力”を持っています。

しかも主人公よりも能力が優れているという点も共通していますね。

 

「甲鉄城のカバネリ」ヒロイン、無名(むめい)は生駒と同様にカバネリの能力を持っています。

「進撃の巨人」ヒロイン、ミカサはアッカーマンの血が流れています。巨人科学の副産物といわれる”アッカーマン一族”の特徴は「異常なほど戦闘力が高い」ということです。

 

2人はその能力で主人公をサポートする立場にあります。

 

甲鉄城のカバネリの見どころ

これから「甲鉄城のカバネリ」を見てみたいという方に向けて見どころを紹介します。

※ネタバレは含みませんので安心してお読みください。

 

生駒と無名の関係

 

私の一個人の意見になりますが、本当にこの2人が大好きですね。

 

生駒の仲間のために身を挺する姿は最高にかっこいいです。

弱いのに自分を犠牲にする。

弱いから強くなろうと奮起する。

そして、無名のために戦う惚れちゃいますね(笑)

 

無名は”可愛いのに強い”というギャップに惹かれます。

でも最初は弱者を切り捨てるという考えが周りの人間に不信感を与えます。

しかし生駒と出会い、共に戦っていくなかで少しずつ気持ちが変化していきます。

 

そんな2人の関係性が見どころの1つですね。

 

美しいアニメーション

 

作画が本当に綺麗で見入ってしまいます。

 

さらに戦闘シーンはまさに圧巻の一言

制作会社が進撃の巨人と同じなので、進撃の巨人を見たことがある人ならその凄さは分かりますよね。

 

2016年に放送されたアニメとは思えないクオリティです。

 

【まとめ】進撃の巨人が好きなら甲鉄城のカバネリは絶対見てほしい!

さて、ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回の記事をまとめさせていただきます。

 

[st-mybox title=”まとめ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 「進撃の巨人」と「甲鉄城のカバネリ」には4つの共通点がる
  • 4つの共通点とは、制作スタッフ・ストーリーの世界観・主人公とヒロインの能力
  • 「甲鉄城のカバネリ」の見どころは、主人公とヒロインの関係性・美しいアニメーション
[/st-mybox]

 

この記事を読んで一人でも多くの方が「甲鉄城のカバネリ」に興味を持っていただけると嬉しいです!

 

 

今ならU-NEXTで31日間無料で動画が見放題なのでおすすめです!

無料期間中に解約しれば費用は一切かかりませんよ。

 

▼31日間無料トライアルする▼