井原諒対こくぶんだいき戦が中止になった理由は?虚言癖がヤバい!?(ブレイキングダウン5)

ブレイキングダウン 話題

 

ブレイキングダウン5で試合予定だった井原諒対こくぶんだいき戦の中止が発表されました。

 

なぜ中止になったのか調べたところ、なにやら井原諒さんの”虚言癖”が問題となっているようです…

 

この記事では試合が中止になるまでの経緯についてご紹介していきたいと思います。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

 

井原諒対こくぶんだいき戦が中止になった理由は?

バツマーク

 

試合が中止になった理由は井原諒さんの虚言癖が原因となっています。

 

まず事の経緯を簡単に説明すると、

  • 7月5日:井原諒がブレイキングダウンがヤラセだとYoutubeで暴露
  • 7月6日:こくぶんだいきが井原諒は虚言癖&お金をゆすられたとYoutubeで暴露
  • 7月9日:朝倉未来チャンネルで井原諒の真実が暴かれる←いまここ

 

それでは順にご説明していきます。

 

井原諒がブレイキングダウンはヤラセだと暴露した?

7月5日に井原諒さんが自身のYoutubeチャンネルに「breaking downの本当の事」という動画を投稿しました。

 

こちらの動画で井原諒さんは、

  • こめおには構成作家がついている
  • こくぶんだいきは運営が用意した
  • 棒読みニキは運営が用意した

 

ということを話していました。

 

しかし話している内容というのはすべて井原諒さんの考え(予想)を発言しているだけで、何の証拠も出されていません

 

おそらく井原諒さんの立場的に「こくぶんだいきさんをいじめていた」という真実が1番明るみになってほしくないと思いますので、ブレイキングダウンはヤラセに仕立てたいがためにこのような動画を撮影したのではないかと思われます。

 

井原諒とこくぶんだいきのDMやりとりがやばい?

井原諒さんが動画を投稿した翌日にこくぶんだいきさんが、「ブレイキングダウン虚言癖の井原について(動画の最後に井原にお金をゆすられたDMを晒します。)」を投稿します。

 

こちらの動画ではオーディション終了後に井原諒さんとやりとりしたDMを晒しています。

 

そのDMのやりとりがこちら。

  • 井原諒がこくぶんだいきとの試合をかなり焦らしていた
  • 井原諒ががこくぶんだいきにお金の契約を持ちかける

 

 

最初のやりとりでは井原諒さんが試合を「やる」「やらない」ところころ気持ちが変わっていることが見て取れました。

 

そして最終的にこくぶんだいきさんに自分(井原諒)の気持ち次第で300万円支払うよう強要しています。

井原諒のDM

 

井原諒さんは「盛り上がっている」「盛り上がっていない」の判別は「僕の主観です」とDMに記載しています。

あまりにめちゃくちゃな契約ですよね。

 

さらにこんな文章も。

井原諒のDM

 

契約というより、ここまでくると脅しのようにも思えてきますね。

 

しかも怖いのは、最初はずっとタメ口で会話していたのにお金の話になった途端敬語に変わっていることです。

またこくぶんだいきさんのことを「お前」と言っていたのに「コクブン様」と変えてきている点も怖いですね。

 

 

このDMをYoutubeでこまめに切り抜きで公開していたことが原因で、

運営が用意した文章なのでは?

といった疑いの声があがっていました。

 

しかしこれに関しては7月9日の朝倉未来さんの動画内で画面録画で切り抜きせずDMが公開されたので、運営が用意した文章ではないことがわかりました。

 

井原諒はこくぶんだいきをいじめていたのは本当?

最後に気になるのは「井原諒はこくぶんだいきをいじめていたのか?」というところ。

 

まず事の発端は「ブレイキングダウン5」のオーディションで、こくぶんだいきさんが中学時代に井原諒さんにいじめられていたことを暴露したことから始まりました。

 

それに対して井原諒さんは、

「名前なんだっけ?」

「どこの中学?」

など質問し、その場で携帯をいじって「友達に裏取りした」と言い、いじめていないことを主張しました。

 

しかし「覚えていない」というのは嘘であると証言する人物が出てきました。

それがこの方です。

椅子ニキ

 

オーディション動画ではカットされていたのですが、かなり椅子を蹴りまくっていたので、「椅子ニキ」と朝倉未来さんに命名されています(笑)

 

そんな椅子ニキが7月9日朝倉未来さんの動画に出演し、井原諒さんが嘘をついてると証言しました。

 

簡単にまとめた内容がこちらです。

オーディションが始まる前にこくぶんだいきと椅子ニキが会話

椅子ニキがこくぶんだいきに「試合したい相手はいるのか」と質問

こくぶんだいきが「井原諒」と答える

(会話終了)

オーディション待ちしていた椅子ニキに井原諒が話しかける

椅子ニキが井原諒に「(井原諒と)試合したい子がいた」と伝える

井原諒が「こくぶんやろ?昔いじめてたから覚えてる」と答える

 

椅子ニキは井原諒さんとこのような会話をしていたため、ずっとモヤモヤしていたんだそう。

 

しかし井原諒さんは椅子ニキの証言は嘘だと否定しています。

井原諒さんの言い分としては、オーディションが始まるまでこくぶんだいきさんの存在を認知していなかったため、そのような会話をするわけがないと言っています。

 

つまり椅子ニキと井原諒さんのどちらかが嘘をついていることになります。

椅子ニキは今回のブレイキングダウンで目立つことができなかったため、井原諒さんを利用した可能性も考えられますが…

 

朝倉未来さんはオーディション時点で井原諒さんは嘘をついていると思っていたそう。

 

朝倉未来さんによると、井原諒さんが「いじめをしていた」という事実は井原諒さんにとって何のメリットもなく、勝っても悪者扱い、負けてもいじめてた奴にやり返された、という悪いシナリオにしかならないため嘘をついたのではなかと推測していました。

 

▼あわせて読みたい

ブレイキングダウン第5回の対戦カードは?試合結果速報まとめ!

【まとめ】井原諒が試合中止になった理由は虚言癖だから

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回は「ブレイキングダウン5」の井原諒さんとこくぶんだいきさんの試合が中止になった理由についてご紹介させていただきました。

 

内容を簡単にまとめると、

  • 井原諒が「ブレイキングダウン」はヤラセと主張
  • こくぶんだいきにむちゃくちゃな契約を持ちかけていた
  • こくぶんだいきのことをいじめていないと嘘をついていた

 

これらの問題が重なったことで、井原諒さんは試合に出場できなくなりました。

 

井原諒さんはまだ19歳と若いため、こういったハチャメチャぶりはあっても仕方ないかもしれませんね。

 

こくぶんだいきさんはただただ「いじめられていた」という事実だけが残ってしまい、残念な結果となってしまいましたね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。