藤井直伸が胃がんで余命や生存率は?現在の病状やステージ4の意味とは?

藤井直伸 人物

 

バレーボール男子日本代表選手の藤井直伸さん。

 

2022年2月27日に胃がんを患っていることを公表してから早8か月が経ちました。

「ステージ4」と宣告された藤井直伸さんの”現在”が気になりますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 藤井直伸の余命や生存率
  • 藤井直伸の現在の病状

 

について調査してまいりましたのでご紹介していきたいと思います。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

 

藤井直伸が胃がんで余命や生存率は?

車椅子

 

結論から言うと、現在公表されている情報は「ステージ4」ということだけです。

 

一般的にステージ4を宣告された人が助かる確率は10%未満と言われています。

 

胃がんのステージ4とは

遠隔転移」があった場合にステージ4と診断されます。

 

胃がんの場合に多いのは、腹膜、リンパ節、肝臓への移転です。

藤井直伸さんは脳に移転しており、これは稀のようです。

 

ステージ4の場合は、手術で根治することが難しいため抗がん剤治療になります。

 

藤井直伸の余命は?

藤井直伸さんが余命宣告を受けているという情報はありません。

しかし、実際は余命宣告されている可能性が高いです。

 

藤井さんの場合、検査時の段階ですでに脳へ移転しており、さらに複数の箇所に移転の可能性があると言われていたため「スキルス胃がん」と考えられます。

「スキルス胃がん」は発見が難しく進行が早いため、診断されたときにはすでにステージ4である場合が多い。

 

スキルス胃がんになった人の多くは、余命数か月から長くて1年程度と宣告されることが多いそうです。

 

 

しかし、スキルス胃がんでも100%治らないということはありません。

ただ、完治することが大変難しいと言われており、その確率は10%を切るようです。

 

もし治っても悪性の強いがんだった場合は再発する恐れもあるとのこと。

 

藤井直伸の現在の病状は?

マスク

 

がんを公表した2月27日にはすでに抗がん剤治療が始まっています。

 

抗がん剤治療と聞くと思い浮かぶことは

  • 脱毛
  • 吐き気、嘔吐

 

などではないでしょうか。

よく医療系のドラマなどでもそういったシーンは見ますよね。

 

今現在、藤井直伸さんには脱毛の症状が見られます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Naonobu(@torayarrows21)がシェアした投稿

※左上が藤井直伸さん

 

髪の毛は抜け落ちていますが、眉毛は残っていますね。

 

 

また3年前と現在の姿を比較してみました。

藤井直伸

 

少し体は細くなっているかもしれませんが、顔の肉つきはあまり変化がないように見えます。

 

胃がんになると食欲不振になるケースもあるそうですが、藤井さんの場合は食事はきちんととれているのかもしれませんね。

 

やはり現役スポーツ選手なだけあって体力は一般の人よりはあるのでしょう。

 

ただ治療の影響か肌荒れがかなり目立っています。

 

 

藤井さんの現在の状態が気になる方はSNSをチェックしてみるといいでしょう。

 

毎月定期的に更新されていますが、2022年8月22日から2022年10月22日の2か月間更新がストップしていたときは何かあったのではないかと心配になりましたが、また投稿が始まったので一安心です。

 

SNSではたまに笑っている顔や夫婦2人の写真を見ることができます。

藤井さんが笑っていると安心しますね。

 

ぜひコメントを残してみんなでパワーを送りましょう!

 

【まとめ】藤井直伸はスキルス胃がんの可能性あり!生存率は10%未満だが完治する場合もある!

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回は胃がんを公表した藤井直伸さんの生存率や現在の病状についてご紹介させていただきました。

 

内容を簡単にまとめると、

  • 胃がんはステージ4でスキルス胃がんの可能性大
  • スキルス胃がんの生存率や完治率は10%未満
  • スキルス胃がんの多くは余命数か月~長くて1年程度と宣告される
  • 現在抗がん剤治療を受けているため脱毛の症状が見られる
  • 現役から比べると体が少し細くなっている様子

 

苦しい治療が続いていると思いますが、またコートに戻ってくることを願っています。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

▼あわせて読みたい