コムドットやまとの色盲はいつから?運転しているから色覚異常は嘘?

やまと YouTube

 

コムドットのやまとさんについて検索してみると「色盲」というキーワードが出てきます。

色盲とは目の病気で、色を識別することが困難な状態のことをいいます。

 

やまとさんは普段色のあるサングラスをかけていますが、何か意味があったのでしょうか。

 

そこでこの記事ではやまとさんの目の病気に関して、

  • 色盲はいつから
  • 色盲で運転できるのか
  • 色盲は本当なのか

 

について調査してまいりましたのでご紹介していきたいと思います。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

 

コムドットやまとの色盲はいつから?

 

やまとさんは小さいころから色盲だったそうです。

 

「小さいころ」という情報しか見つからず、具体的に何歳からかはわかりませんでした。

 

ちなみに色盲は2つのパターンがあります。

  1. 生まれつき発症(先天性)
  2. 成長するにつれ発症(後天性)

 

やまとさんの場合はおそらく先天性と思われるので生まれつきの可能性が高いです。

 

やまとが色盲に気付いたきっかけは?

やまとさんは小さいころ絵を描くのが好きで、よく描いた絵を応募していたんだそう。

 

そのときに描いた「水中に素潜りする人」が市長賞に選ばれ、そのとき市長から

なんで君は足をオレンジで描いたのかな?

 

と質問されたことがきっかけで、色盲が判明しました。

市長の質問にやまとさんは「オレンジじゃないです」と答え、親が疑問に思ったんだそう。

 

このときやまとさん自身は「はだいろ」で足を塗っていた自覚がありました。

しかし実際に塗っていたのは「オレンジ」だったのです。

 

 

市長と会話できるくらいですから、当時保育園児くらいのときだったのではないでしょうか。

 

コムドットやまとは色盲だけど運転できる?色覚異常は嘘?

色

 

結論から言うと、色盲でも運転免許は取得できます

 

こちらは日本眼科学会が公開している内容です。

普通自動車の免許取得は赤、黄、青の判別ができれば可能となっています。なお、鉄道関係などでは、資格取得に色覚の制限があります。

 

コムドットはメンバー全員が免許を取得しています。

しかし動画などを見ると、やまとさんは運転していないことが多いですね。

 

やまとは信号の色を判別できてる?

結論から言うと、赤信号が「赤色」には見えていない可能性が高いです。

 

こちらの動画では、やまとさんが焼肉の色を識別できていないことがわかります。

 

「焼き加減がわからない」と困っているやまとさんの様子が見受けられます。

 

ちなみにやまとさんは肉の色が「灰色」に見えているそうです。

そのため赤信号は「灰色」に見えている可能性があります。

 

 

またその他の動画で、洋服の色を下記のように間違えていました。

  • 紺色 → 水色
  • 黄色 → オレンジ
  • 深緑 → 黄緑

 

このことから、青信号と黄信号は普段私たちが見ている色とは違う色になって見えている可能性が高いです。

 

とは言え、そもそも信号機は色盲の人が色の変化に気付けるようにできているためなんの問題もありません。

 

やまとのサングラスは色盲の補正用?

 

室内の動画撮影でもたまにサングラスをかけているやまとさん。

色盲を補正するサングラスもあるので、そのためかなと思い調べてみましたが違いました。

 

やまとさんはたくさんサングラスを愛用しており、数え切れないほど所持しておられます。

 

しかしこれまでに補正用のものと思われるものはかけていません。

単純にオシャレで身につけているようですね!

 

やまとの色盲は嘘?本当?

結論から言うと嘘ではないと思います。

動画ではやたらと色盲ネタを入れてくることがあるので嘘のように感じてしまいますよね。

 

しかし冷静に考えてみてください。

ネタで「色盲」を扱っていたら人としてヤバいですよね。

 

実際に色盲が原因で生活に困っている人もいると思いますし、笑い話ではありません。

 

炎上常連のコムドットですが、さすがにそこまで落ちてはいないでしょう。

 

 

また同じ人気Youtuberのスカイピーステオくんに色盲を打ち明けている動画があります。

仲良しで年上のテオくんに対して、嘘の話をするとも思えません。

 

そのためやまとさんの色盲は本当と言えるでしょう。

 

【まとめ】コムドットやまとの色盲は幼少期から!運転もできるし免許も持っている!

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回はコムドットやまとさんの色盲はいつからなのか、運転はできるのかについてご紹介させていただきました。

 

内容を簡単にまとめると、

  • 色盲は小さいころから
  • 色盲に気付いたのは保育園くらい?
  • 運転免許を持っている。もちろん運転しても大丈夫
  • 色盲というのは嘘ではなく本当

 

洋服をおしゃれに着こなすカッコいいやまとさんですが、色盲だったとは驚きでした。

きっとメンバーに色々サポートしてもらってるのかもしれませんね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

▼あわせて読みたい