ジャック・モリスのwikiプロフ!凄腕投手と言われた理由が凄すぎた!

ジャック・モリスのwikiプロフ 人物

皆さん、ジャック・モリスさんという方をご存知でしょうか。

 

ジャック・モリスさんは元大リーガーで、数々の優秀な戦績を残してきた名投手です。

 

この記事では、ジャック・モリスさんのプロフィールについてご紹介させていただきます。

 

さらに、1人の日本人選手の野球人生を大きく揺るがしたエピソードもあわせてご紹介したいと思います。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

 

ジャックモリスのwikiプロフィール

ジャックモリス

 

ジャック・モリスさんは元メジャーリーガーで、現在66歳です。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

名前  ジョン・スコット・モリス(John Scott Morris)

生年月日  1955年5月16日

出身地  アメリ合衆国ミネソタ州セントポール

身長  190.5cm

体重  90.7kg

[/st-mybox]

 

当時ポジションは投手で、右投右打でした。

 

ジャック・モリスさんがプロ入りしたのは1976年。

ドラフト5巡目にデトロイト・タイガースからの指名で入団しました。

 

その後の経歴がこちらです。

在籍年度 入団チーム
1977-1990 デトロイト・タイガース
1991 ミネソタ・ツインズ
1992-1993 トロント・ブルージェイズ
1994 クリーブランド・インディアンズ

 

1977年7月26日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー

その後3つのチームに入退団を繰り返し、最終出場したのは1994年8月7日

 

最終戦ではボストン・レッドソックス戦で勝利を収め、約17年間のメジャーリーグに幕を下ろしました。

 

 

数々の戦績が認められ、2018年に

  • アメリカ野球殿堂入り
  • デトロイト・タイガース在籍時の背番号47が永久欠番に指定

この2つが決定されました。

 

投手でアメリカ野球殿堂入りしている選手はジャック・モリスさん含め83人です。

 

また、デトロイト・タイガースで永久欠番に指定された選手はジャック・モリスさんで10人目となりました。

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#515151″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]永久欠番とは

優れた功績を残した選手の栄誉の記念として、その人が使った背番号をチーム内で永久に他の人が使わないようにすること。

[/st-cmemo]

 

野球選手にとって、とても栄光ある賞ですよね。

 

ジャック・モリスが凄腕投手と言われた理由が凄すぎた!

野球ボールとグローブ

 

ジャック・モリスさんが凄腕投手と言われた理由は、ある日本人選手の野球人生を大きく揺るがしてしまったエピソードがあるからです。

 

その日本人選手とは落合博満さんです。

 

落合さんの簡単なプロフィールがこちら。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

名前  落合博満(おちあい ひろみつ)

生年月日  1953年12月9日

出身地  秋田

身長  178cm

体重  82kg

ポジション  一塁手、三塁手、二塁手

投球・打席  右投右打

入団チーム  ロッテ‐中日‐ジャイアンツ‐日本ハム

[/st-mybox]

 

落合さんの凄いところを簡単にまとめると、

  • 1982年、史上最年少記録で三冠王達成
  • 1986年、史上4人目かつ日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王達成
  • 1986年、プロ野球史上初2年連続50本塁打達成

といった感じで、かなり優秀な選手だったことはお分かりいただけますでしょうか。

 

1986年まで数々の戦績を達成してきた落合さん。

その後行われた日米野球でジャック・モリスさんと対決することになるのですが、そこから落合さんの野球人生が大きく変わっていきました。

 

2人の対決で何が起きたのかというと、落合さんがパワー負けしたのです。

 

落合さんは初めての経験にかなりショックを受けたようで、その後バッドを握っても以前のようなスイングができなくなってしまいました。

それは引退するまで取り戻すことができなかったそうです。

 

 

ジャック・モリスとのたった一度の打席で、落合博満は自分のスイングを失ってしまった

 

ジャック・モリスさんの凄腕投手と言われた理由でした。

 

まとめ

さて、ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

今回の記事では、

  • ジャック・モリスのプロフィール
  • ジャック・モリスが凄腕投手と言われた理由

についてご紹介させていただきました。

 

2人の対決映像がないか探してみたのですが、見つからなかったのが残念です。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。