浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因は?アレルギーは薬?食べ物?

浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因 話題

2021年11月6日に歌手の浜崎あゆみさんがアナフィラキシーショックを起こし意識不明だったことが発表されました。

 

一体何のアレルギーに反応したのか気になりますよね。

 

そこで今回は浜崎あゆみさんがアナフィラキシーショックを起こした原因となるアレルギーは何か調査して参りましたのでご紹介していきたいと思います。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因は?アレルギーは薬?食べ物?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi hamasaki(@a.you)がシェアした投稿

 

結論から言うと、何のアレルギーに反応したのかは発表されておらず分かりませんでした。

 

SNSを見ているとファンの皆さんも浜崎あゆみさんがアレルギー体質だったことを知らないようでした。

 

そこで今回は何のアレルギーに反応したのか考察してみましたのでご紹介します。

 

原因と思われることは3つです。

  1. 食べ物
  2. 運動

 

それでは順番にご説明していきます。

 アナフィラキシーショックの原因①薬

浜崎あゆみさんは11月4日に足首を骨折して、その2日後にコンサートを開催しています。

恐らくリハーサルのときから何度も鎮痛剤を投与していたと思うので、それが原因の可能性があります。

 

薬を投与してアナフィラキシーショックを起こすことは珍しい話ではないですよね。

 

しかし浜崎あゆみさんが倒れたのはコンサート終了後のため、発症するまでの時間を考えると薬が原因ではないかもしれません。

 

アナフィラキシーショックは、アレルギー物質を体内に入れてから数分~数時間で発症します。

 

薬の量なども医者からの指示で行っているはずなので、過剰投与が原因という可能性は低いです。

 

アナフィラキシーショックの原因②食べ物

浜崎あゆみさんに何か食べ物のアレルギーがあったとすると、気付きにくい食べ物が用意されていたのかもしれません。

 

スタッフ側が認知しておらず、アレルギーが含まれた食べ物を出してしまったという問題はたまに目にします。

 

番組名は伏せますが、以前バナナマンの設楽統さんが番組中にアレルギーを持っている食材を出されていたこともありました。

 

今回もその可能性はゼロではないです。

 

もしくは子どもを出産して体質が変わった可能性もあります。

これまで大丈夫だったものがアレルギー体質になることもありますからね。

 

アナフィラキシーショックの原因③運動

あまり知られていないかもしれませんが、実は「運動」が原因でアナフィラキシーショックを起こす場合もあります。

これを「運動誘発アナフィラキシー」と言います。

 

「運動誘発アナフィラキシー」とは

運動が引き金となって、じんま疹、呼吸困難、血圧低下、意識消失などのアナフィラキシー症状が出現する病気です。

 

運動の強さは激しいものから散歩程度の運動でも引き起こすことがあるそうです。

 

またこの症状を起こしやすくなる原因が2つあります。

それは「食べ物」と「アスピリン」です。

 

「食べ物」と「運動」の組み合わせがきっかけで引き起こされるのが「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」です。

これはアレルギーがある人の3050%に発症の可能性があるそうです。

 

ただ浜崎あゆみさんに食品アレルギーがあるのかは現時点で不明なのでこれに該当するかは分かりません。

 

2つ目の「アスピリン」というのは解熱鎮痛薬のことです。

 

この「アスピリン」と「運動」の組み合わせでアナフィラキシーショックを起こす場合もあるそうです。

 

とは言えアスピリンは市販でも販売されている薬なので、浜崎あゆみさんの場合は病院で鎮痛薬を処方してもらっているはずなので可能性は低そうです。

 

 

結果的に今回の場合は、骨折に対する鎮痛剤の投与と、コンサートによる激しいパフォーマンスなどが組み合わさったことでアナフィラキシーショックを起こしたのかもしれませんね。

 

まとめ

さて、ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は浜崎あゆみさんがアナフィラキシーショックを起こした原因についてご紹介させていただきました。

 

結論、何が原因かは分かりませんでしたが、可能性があるのは

  • 骨折の痛みに対する鎮痛剤の投与
  • 出産による体質の変化で食品アレルギーの症状が出た
  • コンサートによる激しい運動が引き金で発症

 

の3つではないかと思われます。

 

また何か新しい情報が出ましたら追記していきたいと思います。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。