ギドゥンドゥン(辻岡義堂アナ)の意味とは?海外・中国の反応まとめ!

話題

 

北京オリンピックが盛り上がっている中、代表選手ではない人が話題になっています。

 

それが辻岡義堂アナです。

義堂アナは現在「ギドゥンドゥン」と呼ばれ話題になっています。

 

この記事では、

  • なぜギドゥンドゥンと呼ばれるようになったのか
  • ギドゥンドゥンに対する海外・中国の反応

 

をまとめましたので、ぜひご覧になってください!

ギドゥンドゥン(辻岡義堂アナ)の意味とは?海外・中国の反応!

ギドゥンドゥン
引用:スッキリ公式Twitter

 

「ギドゥンドゥン」とは、日本テレビアナウンサー辻岡義堂さんのことです。

 

北京オリンピックのマスコットキャラクター「ビンドゥンドゥン」にちなんで名付けられました。

 

ギドゥンドゥンと呼ばれるようになった経緯

ギドゥンドゥンが辻岡義堂アナということはわかりましたが、なぜそう呼ばれるようになったのか経緯をご紹介します。

 

結論から言うと、辻岡義堂アナがビンドゥンドゥンのグッズを爆買いしている姿がテレビ番組で放送されたことがきっかけでした。

 

そしてその動画が中国メディアやSNSで拡散され、「ビンドゥンドゥンが好きすぎる日本人リポーター」として一躍有名になりました。

辻岡義堂アナ
引用:スッキリ公式Twitter

 

ストラップにたくさんのピンバッジがついていますね。

 

そしてなんとグッズ販売の火つけ役として新聞にも取り上げられました。

中国国内で関心の薄さも指摘されてい北京冬季五輪で一転、パンダをモチーフとした公式マスコット「ビン・ドゥンドゥン」のブームが起きている。五輪取材で現地入りした日本のテレビ局アナウンサーのグッズ紹介がインターネット上で広まり、火がついた。

 

ギドゥンドゥン効果により、オリンピック開幕後の現在、公式グッズ販売店では4時間待ちの行列ができてるんだとか。

 

楽天市場やAmazonでも品薄になっています。

 

 

ギドゥンドゥンに対する海外・中国の反応は?

現地の様子はというと、ギドゥンドゥンを現地メディアやギドゥンドゥンファンが出待ちをする異常事態に!

 

撮影の依頼が相次いでいるようです。

 

さらに中国メディアが日本に逆取材をするなどかなり話題となっています。

 

そしてついに、ビンドゥンドゥンの生みの親である曹雪(そうせつ)教授との対談も実現!

しかも似顔絵まで描いてもらっていましたよ~!

辻岡義堂アナ ギドゥンドゥンのイラスト

 

ギドゥンドゥン効果すごすぎますよね!選手たちより目立ってます!(笑)

 

【まとめ】ギドゥンドゥンとは辻岡義堂アナウンサーのこと!グッズの火つけ役として話題に!

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回の記事を簡単にまとめさせていただきます。

まとめ

  • ギドゥンドゥンとは辻岡義堂アナウンサーのこと
  • ギドゥンドゥンと呼ばれるようになったのは、辻岡義堂アナが公式グッズを爆買いしたことがきっかけ
  • ギドゥンドゥン効果で現地のグッズ販売店では4時間待ちの行列ができる
  • ギドゥンドゥンを現地メディアやファンが出待ちする
  • ビンドゥンドゥンの生みの親とギドゥンドゥンが夢の対談!

 

こうやって日本人が北京オリンピックを盛り上げていると話題になるのは嬉しいですよね!

 

ギドゥンドゥンのグッズも販売したらどうでしょう?(笑)

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。