埼玉県でエスカレーターを歩くと罰則!?条例に違反したらどうなる?

埼玉県エスカレーター条例 話題

2021年10月1日から埼玉県でエスカレーターを乗るときは「立ち止まった状態」で利用することが義務付けられました。

 

[st-kaiwa5]もし歩いたらどうなるのかな!?[/st-kaiwa5]

 

そんな疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回はエスカレーターの条例内容を調査して参りましたのでご紹介したいと思います。

 

さらにこの条例に対する世間の声も集めてみました。

 

それではゆっくりご覧になってくださいね。

埼玉県でエスカレーターを歩くと罰則!?条例に違反したらどうなる?

エスカレーター

 

結論、罰金などの罰則や規定はありませんでした

 

埼玉県エスカレーターの条例内容

エスカレーターを利用する県民の義務は、

立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない(第5条)

 

エスカレーターを管理する者は、

利用者に対し、立ち止まった状態で利用すべきことを周知しなければならない(第6条)

 

罰則がないので、1人1人がしっかり守り、全員が定着するように習慣化させるしかありません。

 

埼玉県エスカレーターの条例が可決された理由

一般社団法人日本エレベーター協会の調査によると、2018年1月から2019年12月までの1年間でエスカレーターでの転倒事故が全国で805件発生しています。

 

事故の発生件数は年々増加傾向にあり、後を絶たない状態です。

 

そのため今回全国初となる条例が可決されることになりました。

 

[st-kaiwa1]特に事故が多いのは駅などの交通機関です。[/st-kaiwa1]

 

そもそもエスカレーターは本来歩いて利用するものではありません

 

エスカレーター

 

画像を見て分かる通り、エスカレーターは通常の階段とは違います。

  • 傾斜が急
  • 段差が高い
  • ステップの幅が狭い

 

エスカレーターは立ち止まって乗ることを前提に設計されているので、本来歩いて利用するのは大変危険なことなのです。

 

怪我や病気などで片腕が不自由な人が本来使いたい側の手すりにつかまれず、そこに急いで通り過ぎる人がいると事故になりかねません。

 

全員の安全のためにも1人1人がしっかりとルールを守りたいですよね。

 

エスカレーター歩行禁止条例に世間の声は

コメント

 

世間の声を集めてみました。

結果的に意見は賛否両論

 

歩行禁止が浸透するにはかなりの時間と労力がかかるのではないでしょうか。

 

 

いつか全国に広まるよう埼玉県はぜひお手本になってほしいですね!

 

まとめ

さて、ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回は埼玉県のエスカレーター条例に罰則はあるのかについてご紹介させていただきました。

 

結果としては罰則はありませんでしたが、事故の発生を防ぐために全員がしっかりとルールを守って習慣化していきたいところですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。